先端技術・情報犯罪とセキュリティ研究会 最新の開催案内

2019年4月12日
主査  萩原 栄幸
幹事  橋本 純生
芦野 佑樹
齋藤 忠和
Web委員  藤田 亮

2019年3月は、人工知能が開く教育の未来についてご講演を頂きました。AI技術を用いた子どもの心の状態を「見える化」する研究に加えて、AIが与えるさまざまな分野に対するインパクトや、最近の教育において重要視されてきている非認知能力に関するお話を頂くなど、たいへん興味深い内容となりました。ご講演を頂きました玉川大学脳科学研究所の山田徹志先生、ならびに、年度末のお忙しい時期に研究会へご参加頂き、積極的に議論を頂きました参加者の皆様へ御礼申し上げます。

さて4月は、海外から日本へと向けられているサイバー攻撃とその対策についてのご講演を頂きます。本研究会にて、サイバー攻撃とその対策については、これまでも数多く話題として取り上げてきておりますが、今回の研究会においてもまた新たな貴重なお話を頂けるとあって、とても楽しみにしております。

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

なお、研究会終了後、懇親会も予定しておりますので、懇親会の出欠も必ずご記載ください。
※研究会は参加無料ですが、懇親会は実費精算となります。

幹事からのお知らせ>>>> ご出欠の連絡に対しまして、
特にご返信は差し上げませんので、その旨ご了承ください。

下記部分をご記入のうえ、jssm.sentan@gmail.com までメールでご連絡ください。
会員非会員と出欠の部分は不要な方を削除してください

==============================
お名前:
貴所属名:
E-mail:
JSSM 正会員/賛助会員/ 将来の会員
研究会 出席 欠席
懇親会 出席 欠席
コメント:
==============================
※研究会は参加無料ですが、懇親会は実費精算となります。

日 時
2019年4月19日(金曜)
午後 6 時半から午後 8 時半迄

場 所
中央大学後楽園キャンパス 3号館 12階 31219号室
⇒〔地図〕:大学へのアクセスマップ
後楽園キャンパスまで
http://www.chuo-u.ac.jp/access/
http://www.chuo-u.ac.jp/access/kourakuen/

後楽園キャンパスの中
http://www.chuo-u.ac.jp/campusmap/kourakuen/

講演タイトル
「敵」を知る
見えない攻撃と破壊型攻撃 – その裏側

講師
増田 幸美(そうた ゆきみ)
サイバーリーズン・ジャパン株式会社
エバンジェリスト

講演概要
近年急速にサイバーの様相が変化しています。攻撃者の侵入を100%防ぐことが容易ではなくなってしまった今、サイバー攻撃は物理攻撃にも結びついてしまい、日本の安全課題に直結する問題です。本講演では、ある国に関するサイバーでの動きと戦略を取り上げます。また日本に着弾している最新の攻撃、ファイルレス攻撃などを取り上げ、日本の現状を正しく理解し、それに対する効果的な対策と、ディフェンダーとして考えなければならないポイントを解説します。

講師略歴
日本オラクルにおいて、システムコンサルタントとして業務システムの構築を手掛けた後、ファイア・アイ株式会社において、脅威インテリジェンスのスペシャリストとして従事。警察大学校や各県警主催のサイバーテロ連絡協議会などで多数講演。現在、サイバーリーズンにおいてエンドポイントソリューションの導入支援、サイバーセキュリティの啓発活動をおこなっている。

連絡先
主査:萩原 栄幸
jssm.sentan@gmail.com

申込先
原則としてJSSM会員が対象ですが、非会員で出席ご希望の方は 主査・幹事宛ご連絡下さい。