先端技術・情報犯罪とセキュリティ研究会 最新の開催案内

2017年9月6日
主査  萩原 栄幸
幹事  橋本 純生
芦野 佑樹
齋藤 忠和
Web委員  藤田 亮

2017年8月は、研究会を休会としまして、夏休みといたしました。

9月は、セキュリティ最後の砦となる特権アカウントセキュリティについて、CyberArk Software 株式会社 マーケティングマネージャ 山之内真彦先生よりご講演を頂きます。情報システムに対するあらゆる操作が可能となる特権アカウントは非常に便利である一方で、単純な操作ミスにより、きわめて重大なインシデントを引き起こす原因にもなり得ます。本講演を通じて、特権アカウントセキュリティについて、適切な管理に向けてのソリューションの導入など、さらなる脅威に対する対策について議論を深めて参りたいと考えています。

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

なお、研究会終了後、懇親会も予定しておりますので、懇親会の出欠も必ずご記載ください。
※研究会は参加無料ですが、懇親会は実費精算となります。

幹事からのお知らせ>>>> ご出欠の連絡に対しまして、
特にご返信は差し上げませんので、その旨ご了承ください。

下記部分をご記入のうえ、jssm.sentan@gmail.com までメールでご連絡ください。
会員非会員と出欠の部分は不要な方を削除してください

==============================
お名前:
貴所属名:
E-mail:
JSSM 正会員/賛助会員/ 将来の会員
研究会 出席 欠席
懇親会 出席 欠席
コメント:
==============================
※研究会は参加無料ですが、懇親会は実費精算となります。

日 時
2017年9月15日(金曜)
午後 6 時半から午後 8 時半迄

場 所
中央大学後楽園キャンパス 3号館 12階 31219号室
⇒〔地図〕:大学へのアクセスマップ
後楽園キャンパスまで
http://www.chuo-u.ac.jp/access/
http://www.chuo-u.ac.jp/access/kourakuen/

後楽園キャンパスの中
http://www.chuo-u.ac.jp/campusmap/kourakuen/

講演タイトル
セキュリティの「最後の砦」特権アカウントセキュリティとは

講師
CyberArk Software 株式会社 マーケティングマネージャ
山之内真彦

講演概要
新しいサイバー戦場がネットワーク内に移動している。従来のセキュリティでは外部からの攻撃に対策したペリメータソリューションが採用されてきたが、「対策済み」の組織の90%以上で不正侵入があったという調査もある。社内に侵入した「インサイダー脅威」が狙っている標的は「特権アカウント」の認証情報であり、特権アカウントを悪用し、企業の重要なデータを盗もうとしている。特権アカウントセキュリティは、セキュリティ最後の砦として、企業の重要なシステムとデータへの「鍵」である特権アカウントを保護する新しいセキュリティ層である。

講師略歴
1969年、岡山市生まれ。父親の仕事の関係で小学生から高校までシアトルで過ごす。1991年、ボストン大学コミュニケーション学部卒。同年、日本に帰国し、レオバーネット共同に入社。屋外広告、洋酒広告のアカウントエグゼクティブなどを行う。1994年に日本タンデムコンピュータズ(現:HP)に転職し、IT業界でのマーケティング活動を経験。それ以降、スタートアップベンチャー企業でのマーケティングを担当し、NetIQ、eCopy、Tableauなどの日本市場での立ち上げをサポートする。セキュリティ分野においても、WatchGuard、Check Point、Webrootでのブランド認知度・売上アップに貢献する。2016年7月、新たに日本市場に参入したCyberArk Softwareに参画し、特権アカウントセキュリティの市場拡大に尽力している。

連絡先
主査:萩原 栄幸
jssm.sentan@gmail.com

申込先
原則としてJSSM会員が対象ですが、非会員で出席ご希望の方は 主査・幹事宛ご連絡下さい。